ブログ

つがいけサイクルクラッシック2017

栂池高原を舞台に繰り広げられる、激坂ヒルクライム。大会の歴史としては古く、なんと今年で28回目。
今年も「走るメカニック」として、高千穂遙先生とともに参加しました。

6月17日(土) 移動日
白馬八方尾根スキー場から、白馬岳方向を望む。晴れすぎ!この天気、明日まで持って行きたい。
白馬岳2017 6月
気になる残雪だが、明日のゴール地点「自然園」周辺はまだ積雪らしい。それゆえ、晴れと曇りでは気温が全く異なるのだ。。。。まあ、とにかく明日に備え腹ごしらえ。個人的には前日の「信州そば」山盛りは相性がいい。

6月18日(日) 大会当日 お天気:曇り
この大会のいいとことは、さすが栂池高原!宿がたっぷりあって、朝はのんびりスタート地点に下り、ゴール後下ってきたらそのまま宿に戻れるという抜群の環境。ミズバショウお目当のトレッキングの方々の応援もあり、和気あいあいと楽しめる。勾配はスタートからして決して緩くはないが、慌てず周りの景色を楽しむくらいがちょうどいいかもしれません。
9:13男子G(50-54歳クラス)スタートです。高千穂氏は男子I、次の次グループスタートです。

つがいけヒルクライムにて(撮影:なかちゃん)
余裕しているつもりはございません。お友達がゴンドラリフトで先回りして応援してくれたので、思わず苦しい顔はできなくなります。

つがいけヒルクライム 高千穂氏(撮影:なかちゃん)
ここはもうゴール付近。先ほどの地点からさらにロープーウエイで応援隊、撮影隊は先回りできるんです。あー、僕たちもレースじゃなくてミズバショウ散策でゴンドラ乗りたい!!と願いつつ、ついつい自転車で登ってしまう。やっぱり坂嫌いじゃない!?!?

つがいけヒルクライム:ゴール(撮影:なかちゃん)
無事ゴール。下山準備。申し合わせたわけではないですが、たまたま蛍光イエロー。
名付けて「調布イエロージャケッツ」

つがいけヒルクライムコースマップ
全長17.1km 標高差1,200m 平均勾配7% 最大勾配10%

みなさんもぜひ!つがいけに参加しませんか?たのしいですよー。

ページ上部へ戻る