ツーリング

  1. FXで運動しよう

    「VブレーキかDiskブレーキか」それが問題だ

    これは悩ましい、2018年モデルのTREKトレック FXシリーズ新しい2018FX3大きな変更点!Vブレーキモデルは70,000円(税別)、対するディスクブレーキモデルは75,000円(税別)のわずか5,000円のアップチャージ。

    続きを読む
  2. MAVIC LOGO

    マヴィック チューブレスホイールをより身近に!

    MAVIC KISIRIUMU PRO (マヴィック キシリウム プロ) USTリムとタイヤとあらたな専用設計で、チューブレスタイヤの面倒なビート上げが超スムーズに簡単に!コンプレッサー等を使わなくとも約2BARでビートが上がってきます。

    続きを読む
  3. 塩山駅前

    神金(かみかね)から神金(じんがね)

    あずさ3号にて塩山まで輪行する、8:53着。やっぱり電車は速い!安い!自転車を準備して、ほどなく駅を後に。ほど近いコンビニで補給一式を調達する。(始めから勾配ですけど。。。)坂の途中に、神金郵便局!資本提携,関連会社等の関係は一切ございません。

    続きを読む
  4. H29年元旦・陣馬山

    平成29年元旦初日の出ラン

    実は毎年、某年越しコンサートに行っている。。。しかし!『お正月三が日の天気は穏やか。初日の出に期待』と、どこの天気予報でもアナウンス。「こりゃもう今晩行くしかない!」コンサートの最中に決心する。で、家に戻り準備開始。

    続きを読む
  5. trek domane img

    アルミフレームのDomaneドマーネ

    新しくなったDomane(ドマーネ) アルミフレーム。『最軽量アルミフレーム』の称号はEmonda ALR に譲るとして、乗りやすさ、ストレスの無さと言えば、このDomaneが得意とするところ。さて?その乗りやすさとは?DOMANEの最大の特徴は。。。

    続きを読む
  6. trek domane img

    MyバイクはDomaneっぽい流れ?

    「700Cなら、太いタイヤも細いタイヤも自由自在だ!」と、結構700C好きな私。むかーし、ニューサイクリングと言う雑誌とタイアップして、日本の道路事情にマッチした(当時)現代のランドナーを700Cで模索した。

    続きを読む
  7. 富士山須走口五合目

    8月3日ふじあざみライン

    激坂では日本屈指の「ふじあざみライン」。何せ、標高差1200メートル、須走口五合目までの11.8kmで一気に上る。単純計算でも平均勾配は10パーセントを超えてしまう。。。

    続きを読む
  8. 水

    積極的に補水してくださいね

    甲州街道を通過する全サイクリストのみなさまへ!「ボトルの水が。。。。」足りなくなりそうになる前に気軽にお立ち寄りください!水道水ですけど、どうぞ補給していってください。

    続きを読む
  9. 肺

    息が上がってしまったら~パート2~

    つがいけサイクルクラッシック2016(別名:栂池HC)いってきました。栂池HCの特徴は、何と言っても「スタートが急坂」!ヨーイ・ドン!で、クリートがハマらない選手もちらほら。。。焦らずに。

    続きを読む
  10. ヒルクライム マーク

    イベント一週間前にやっておくこと

    ヒルクライムなどサイクリングイベントにエントリーしたっ!さて、一週間前にやっておくこと。。。・自転車の整備エントリー後送られてくる「開催要項」の中に、「各自整備しておくこと」と書いてある大会が多いですね。事前1~2週間前には必ずチェックしておきましょう。

    続きを読む
ページ上部へ戻る