お知らせ

「こんな小説読みたかった」栗村修氏絶賛!ペダリング・ハイ 高千穂遙著

ペダリング・ハイ 高千穂遙著 小学館発行
11月17日発売されました。

舞台の始まりはご当地「調布市深大寺」上京してきた少年が、とある(?)自転車店に訪れてから、あれよあれよとロードバイクにのめりこんでゆくストーリー。ページを追ってゆくごとに行動範囲が広がり、スピードもアップ。そして人の輪も広がってゆく。もう読み始めたら最後、ケイデンス…もとい読む速度上がりっぱなし?

ちなみにオリジナル完全書き下ろしではございますが、地名等調布市内満載。ちょっと難しい「神代中学」「神中坂」。これは「じんだいちゅうがく」「じんちゅうざか」と読みます。この「神代(じんだい)」は、元調布市がかつて調布町と神代町が合併してできた市であることの名残りで有ります。そして当店の「神金(じんがね)」の「じん」でもあるわけです。ほかには御塔坂(おとうざか)などなど。

ペダリング・ハイ 高千穂遙著 発行小学館

当店では高千穂遙先生のご厚意により、直筆サイン入りをご準備させていただきました。
この機会にぜひ!お手元に一冊いかがですか?

(追伸)早々にお問い合わせいただきました「ジンサイ」の件。こちらの方、架空の自転車店でございまして、ご愛読いただきました読者さまのめぐるめくご想像にお任せいたします。
@ジンじて 店主 (w)

 

ページ上部へ戻る