ブログ

Q:2番目に売れている電動アシスト自転車は?

Q:2番目売れてる電動アシスト自転車は?
A:これです!パナソニック ギュット アニーズ (GYUTTO ANNYS)。子乗せ(3人乗り対応)自転車では1番売れています。2016年モデルチェンジしました! BE-ELMA03 129,000円(税別)
GYUTTO ANNYS ギュット アニーズ
おもな変更点は
高密度バッテリー採用で持ち運びしやすい超コンパクト設計。オプションで大容量12.0Ahも装着できます。
しかも、買い替えバッテリーのお値段が8.0Ahで30,000円(税別)、12.0Ahは33,000円(税別)。増量バッテリーがより身近になりました。
GYUTTO ANNYS ギュット アニーズ F
そして、20インチモデルに加え、26インチモデルギュット アニーズ F GYUTTO ANNYS F (BE-ELMA63)もラインナップ。お値段は同じ129,000円(税別)。選択の幅がひろがりました。
ギュット,ギュットF、どちらも大きなフロントバスケットが標準装備されていますので『即子乗せ・即お買いもの』子どもと一緒に行動範囲が一気に拡大します。
補足:アニーズFとアニーズの同じ8.0Ahバッテリーなのに走行距離が違うのはなぜ?
お答え:アニーズFはパワーモードで約30km、アニーズはパワーモードで約25kmです。アニーズFとアニーズの一番の違いは車輪径ですね。実は全くの同一条件であれば車輪径が大きいモデルの方が走行距離が伸びます。
では、20インチモデルはバッテリーを無駄食いしているの?…実は登板能力が高いのは20インチの方なのです。かといって26インチモデルが登板能力が「劣ってしまう」というコトではありません。結構な激坂上がってしまいます。むしろ、その坂を下りる方がコワイかも。。。
では、ビビライトUとかDXモデルの26インチモデルと24インチモデルではどうなるの?…厳密には同じ現象が起きますが、ほんの微々たる差です。

GYUTTOスペシャルサイト

ページ上部へ戻る