ブログ

しっかりとしたライトを使おう!

Bontrager ION700(改)大光量ライトの中で「全消」させないでブリンク(点滅)ポジションを搭載し大人気となったBontrager(ボントレガー)Ion700。
あくまで個人的な自転車の使用環境を考えると「ほしい明るさなんだけど、少し明るすぎかな?」という事で、左写真の様に半分近く黒く塗りつぶして愛用しています。これでも実質的な明るさはそれほど落ちるわけでもありません。また、正面から見ると光源がマスクされている分、対向する相手に対する防眩制はアップしています。我ながらよくできた改良?と思っています。

さて、ここからが本題!2017年Bontragerから新しくラインナップされた、その名もIon350R(写真下参照)。名前の数字の通り350ルーメンの明るいライトです。もちろん、数値的には700ルーメンの半分は350ルーメンなのですが、実際の点灯状態ではとても半分とは思えません。程よい感じの「大光量」です。

BONTRAGER ION350Rそしてなんといっても、5つの点灯モードを持っています。
Full 350lmで-1.5 時間
Mid 200lm-3 時間
Low 100lm-6 時間
そして、全消しないナイトフラッシュ-8 時
昼間の絶対的視認性の高い デイフラッシュ-10 時間
という十分すぎるモードと点灯時間です。
店内で、デイライトフラッシュを試してみると「明るすぎない?」と思いますが、全然そんなことありません。昼間晴天だったら、これくらいは必須です。また、点滅パターンも単純な点滅ではなく、Bontrager独自の「ドライバーから気が付きやすい」パターンであることと、昼間ライトオン時のバッテリー節約を兼ね備えたパターンとなっております。
取付けバンド類も、今までのライト類と共通のマウントです。ハンドルバンドも付属、ブレンダ―にも装着できます。

2017年絶対イチオシ!Ion350R。7,315円(税別)

ALWAYS ON 日中からもライトを使おう!
あなたは、自分が思っているほど、ドライバーからは目だっていません。デイライトモードをしっかり使って安全なサイクリングを!

ページ上部へ戻る